2018-06-20

生きんとする盲目意志は自己の保存と発展のみを欲する


 おれは、月1回、近隣の神社の裏山に岩清水を汲みに行く。つい先日も梅雨の中休みの晴れ間に行ってきた。
もちろん無料である。

この水を使って淹れた美味しいお茶を飲みながら、ちょっと思いついたことがある。
「もちろん無料である」と書いたが「まだ今のところは無料である」と書くべき時代ではないのかと。

以前、NHKで、世界中のきれいな湧き水の使用権を独占しようとする、企業の活動を特集していた。




 欲望は、自らひたすらに生き続けようとする盲目性をその特徴とし、自己保存と自己発展以外の目的をいっさい持たない。

非常に多くの人は、この盲目の欲をコントロールする意欲に欠けている。
いや、そんなどころではない。こう云うべきだ。
大多数の人間は物心ついた頃には、この盲目の欲望と自分をすっかり同一視し、自ら望んで盲目の欲の奴隷になったことに気づこうとさえしなくなると。




 この盲目の欲が形を変え、資本主義となって現れても、本来の特徴である盲目性はそのまま受け継がれている。

資本主義下の企業は、自由な活動をしているだけだが、事実は自ら望んで資本主義システムの奴隷になっている。
法を整備し悪人を減らす努力は無駄ではないが、個々人の善意ではどうにもならないシステム独自の問題があるとおもう。

誰も望んでいないはずなのに、いじめも戦争も、一向になくならないのは、欲のシステムに欠陥があるからだ。ブッダはシステムの欠陥を貪瞋癡と呼んだ。

同じように、
99%の人々がそうなることを意識的には望んでいないにもかかわらず、やがて水も空気も有料の時代が来るとおもう。
盲目の欲に同化し自分が欲の奴隷だという気づきがない人々は、それを止める力も持てない。

(過去記事増補再録)
スポンサーサイト

2018-06-19

KポップはPSYだけ別格


 Kポップは聴かない。劣化コピーに興味が持てないからだ。
しかしPSYだけ別格。オリジナリティがある。












2018-06-18

昔の心のままで救われることはない

 昨日の続きです。


(親鸞聖人 末燈鈔 石田瑞麿訳)から引用。

ひとのためによくないことをし、また口にもするなら、この世をいとうしるしはありません。
(末燈鈔16)


…わざとしてならないことなどをもし、思ってならないことなどをも思ったりするのは、よくよくこの世を厭う心もなく、この身の悪を思い知らないためでありますから、自然、念仏しようとする志もなく、また仏のお誓いを信ずる志もありません…
(同19)


はじめて仏のお誓いを聞くようになった人々のなかで、みずからの身や心の悪を思い知って、この身のようではどうして浄土に生まれることができようかと思う人に対してはじめて、人間は煩悩をまとっているのだから、仏はわたしたちの心の善し悪しをとやかく沙汰しないで、お迎えになるのだ、と説かれるのであります。…

浄土に生まれようと願う信心は、釈迦と弥陀のお勧めによって起こる
、と記されていますから、真実の心の起こらなかった以前は悪に染まっていても、その心が起こった以上は、どうして昔の心のままでいることができましょうか。

(同20より。強調は私です)以上引用終。


「俺のような殺人犯でも救われるなら、これからも好き勝手に人を殺してやる」とおもう人間は、昔の心のままでいるわけだから、まだ釈迦・弥陀から往生の信心を授かっていない。昔の心のままで救われることはない。





【原文】

…ひとのためにあしきことをもし、また、いいもせんは、世をいとうしるしもなし。
(末燈鈔16)

…わざとすまじきことどもをもし、おもうまじきことどもをもおもいなんどせば、よくよく、この世のいとわしからず、身のわるきことをもおもいもしらぬにてそうらえば、念仏にこころざしもなく、仏の御ちかいにもこころざしのおわしまさぬ…
(同19)

はじめて仏のちかいをききはじむるひとびとの、わが身のわるく、こころのわるきをおもいしりて、この身のようにてはいかが往生せんずるというひとにこそ、煩悩具したる身なれば、わがこころのよしあしをば沙汰せず、むかえたまうぞとはもうしそうらえ。…

往生の信心は、釈迦・弥陀の御すすめによりておこるとこそみえそうらえば、さりとも、まことのこころおこらせたまいなんには、いかでかむかしの御こころのままにてはそうろうべき。
(同20)


(過去記事再録)

2018-06-17

人間は、自分を救う手立てのない獣ではない

(口伝鈔 善悪二業の事より引用)

…機にうまれつきたる善悪のふたつ、報土往生の得ともならず、失ともならざるじょう勿論もちろんなり。
(引用終)


どんな悪人でも救われる、ということ。

そもそも凡夫の考える善悪など、救いの条件ですらない。まるで関係ないのだ。

他力浄土系の文脈では、救いのイニシアチブを握っているのは弥陀如来である。


「それなら、好き勝手に人を殺してもいいのか」と、トンチンカンなことを訊く人がいる。


その答えがこれ。


「…なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人ころせといわんに、すなわちころすべし。しかれども、一人にてもかないぬべき業縁なきによりて、害せざるなり。わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし」(歎異抄13より)


 凡夫の行為はすべて無意識のうちに「生きんとする盲目意志」が決定し、決定後それに善悪正邪の理屈を、腐敗した奴隷理性が後付けしているに過ぎない。

このおぞましい自分を放ったらかすなら、その罪過は各人が負わねばならない。
人間は、自分を救う手立てのない獣ではないからだ。

八万四千のメソッドはそのためにある。


(過去記事再録)

2018-06-16

人間は死ぬ運命をごまかして生きている

(仏説無量寿経巻下より引用)
世人、薄俗にして共に不急の事をあらそう。

(引用終)



 沈むタイタニック号の中で、いつも通り椅子を綺麗に並べて、我が事成れりと満足している乗員のような人間が多い。
ホールに1mmの狂いもなく椅子を整然と並べることに心血を注ぐが、その努力は船が沈んだら意味がないことに考えが及ばない。人間は死ぬ運命をごまかして生きている。
本人は一所懸命頑張ってるつもりだが、ブッダはこの人間の生きざまを「放逸怠けている)」と断じた。

 iPS細胞の開発者山中伸弥教授のモットーは「VW」。
Vは「Vision」、Wは「Work hard」。
「Work hardは得意だがVisionがない人が多い」と。
仏教徒のVisionは滅苦であり、Work hardは日々の不急の事ではなくヴィパッサナーだ。



一たび人身を失いつれば、万劫にも復せず。
(親鸞 顕浄土真実教行証文類・行 楽邦文類)


 死んだらあの世に引越して生き続けるというアホ話で自分をごまかすな。


(過去記事再録)
プロフィール

sakagutitaruho

Author:sakagutitaruho
存在   !   意味?   意味   存在存在   意味   ?存在      意味存在   意味   存在存在   意味   意味存在   意味   ?意味存在意味意味存在
    




       人間の罪とはなにか。
       人間の罪とはなにか。   
       人間の罪とはなにか

    









本当の自分を信じ切れないことが罪だ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード